"交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
ただし敷金の値下げ交渉としても、契約満了時には戻ってくるお金ですので、意味のある交渉とは言えません。

 

もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げを同時にしてもらうことはまず難しいので、実質は礼金のみの値下げ交渉となるでしょう。

 

値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
「とにかく初期費用を減らしたいから」という理由ではなく、契約期間である2年間単位で値下げ交渉をしましょう。"



思い切って家賃交渉をしてみようブログ:26-11-2021

ダイエットをする時に気をつけるべきこととして、
食事と運動がありますよね。

ところでこの食事と食事について、
みなさんは、
行うべき順番があるというのをご存知でしょうか?

運動は、食事をしてから
しばらく経過をした時に行うのが良いと言われています。

食事をしてから十分な時間をとれば、
からだの中に食料はなくなります。

すると、
運動をする時に使われるエネルギーは
純粋にからだの中にすでに蓄えられている
脂肪や糖分をエネルギー源として使います。

ところが…
食事をした直後に運動をしたとします。

すると、
今からだの中に取り入れた食事のエネルギーを
燃料のもとにしようとします。

ダイエットは
からだの中にたまっている余分な栄養分を
いかに使うかにかかっています。

ですから、
今摂取したものを使っては、
ダイエットの効果が半減してしまうわけです。

よく7時早くに
ジョギングをしている方がいらっしゃいます。

あれって、ダイエットの面から見ると、
非常に効率的な方法だと言えるんですね!

というのも、!--時間朝-->起きて運動するということは、
からだの中に食べ物がないはずです。

なので、確実に、
すでにからだの中に貯蔵をされているものが
エネルギー源として使われるんですよね。

食事をしてからしばらく経過した時に
運動をするのは、望ましいことです。

しかし、
水分も一切摂取しないというのはかえって危険ですから、
控えるようにしましょう。

わたくしたちのからだの大半は、水分で構成されています。

ですから極度に水分を失うということは、
生命の危機に発展しかねないのです。