"不動産会社が貸主代理や、建物の管理を任されているような賃貸物件は、やや審査が厳しくなっています。
個人信用情報機関に問い合わせをしたり、収入証明書の提示が求められたりなどクレジットカードのような審査が行われることもあります。

 

家賃の保証契約等を、大家さんと不動産会社で結んでいるケースがあるので、借りる方の家賃の支払能力に重点を置いています。
支払い能力の無い人や、過去にローンやクレジットなどの遅延をしてしまった経験のある人は審査で落とされてしまう可能性があるのです。

 

一般の大家さんはそれほど厳しく審査をするようなことはありません。
大家さんがOKを出せば、友人同士や外国人の方でも入居をすることが出来るのです。"

ハウスメーカー 営業
http://saiyo.ichijo.co.jp/



審査をパスして賃貸契約ブログ:04-5-2021

皆様は、シェイプアップの苦手意識がトラウマになっていませんか?

シェイプアップでの苦手意識というのは、
体操が苦手なら、体操によるシェイプアップ。
食べる事が好きなら、食事制限によるシェイプアップ。
など、自分が苦手な事をやらなければいけないシェイプアップ法の事です。

そして、トラウマとは、
体操を頑張りすぎてイヤになり、シェイプアップが続かなかった!
食事制限がつらくて、反動で食べ過ぎてしまったり、リバウンドしてしまった!
その結果、結局成功しないから、
シェイプアップ自体が苦手…となってしまってはいませんか?

オレは、ずっとそうだったんです。

食べなかったり、ひたすら体操したり…
辛い思いで頑張ったのに、なかなか成果がでなかったり…
やめたらリバウンドしてしまったり…

シェイプアップして綺麗になりたいのに失敗続きで、
またつらい日々が続くのか…と憂鬱になってしまったりしていたんです。

しかも、繰り返しシェイプアップをしていた事で、
もし痩せても、またいずれシェイプアップしなきゃいけないのかな…
とどんどんマイナスな気持ちになってしまったんです。

しかし、特定のシェイプアップ法に苦手意識をもってしまうのは、
今までの経験上、
ハード過ぎたためだったりすることが多い気がするんですよね。

だったら、逆に
いつもの生活とあまり変わりのない、
頑張り過ぎる必要のない、シェイプアップだったらどうでしょうか?

シェイプアップでは、
適度な体操ときちんとした食事はとても大切な事ですよね。

適度に体操して、バランスよく食事を摂る…
簡単ではないと思うかもしれませんが、
絶食や過度な体操などに比べたらとても楽なんです。
だって、いつもの生活をほんの少し見直すだけなんですから!