"不動産会社が貸主代理や、建物の管理を任されているような賃貸物件は、やや審査が厳しくなっています。
個人信用情報機関に問い合わせをしたり、収入証明書の提示が求められたりなどクレジットカードのような審査が行われることもあります。

 

家賃の保証契約等を、大家さんと不動産会社で結んでいるケースがあるので、借りる方の家賃の支払能力に重点を置いています。
支払い能力の無い人や、過去にローンやクレジットなどの遅延をしてしまった経験のある人は審査で落とされてしまう可能性があるのです。

 

一般の大家さんはそれほど厳しく審査をするようなことはありません。
大家さんがOKを出せば、友人同士や外国人の方でも入居をすることが出来るのです。"

ハウスメーカー 営業
http://saiyo.ichijo.co.jp/



審査をパスして賃貸契約ブログ:11-6-2021

減量って、
成果が出てくれば、俄然やる気を増すものですよね。

「今まで入らなかったジーンズがはけるようになった」
とか
「ちょっと体質のラインがすっきりとしてきた」
などという成果が出てくれば、もっと頑張ってみようと思うもんです。

ところがなかなかうまくいかないのが減量のつらいところ…
特に減量の成果がいつ出るかという決まりなどありません。

まさに「ゴールのないマラソン」のような減量。
だから、しびれを切らしてやめてしまったという経験を
みなさんも持っているかもしれませんね?

減量についての情報が掲載されているサイトがあります。
また、減量の体験記を記しているサイトもあります。

そんなサイトを見ていると…
減量にチャレンジしてみて、
実際に減量が成功した人の話には共通している、
一つの法則があるみたいなんです。

それは、
短くて2週間、長くても3週間、
減量を続けていると、何らかの成果を実感することができる!
ということです。

具体的には、
体質のラインが細くなったとか、体重が減ったとか…
という効果です。

ですから、
減量に挑戦してみたい、
でもやり続けられるか自信がないという人は
2週間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

「2週間」という風に区切ってしまえば、
何とかつらくてもやり続けられるのでは?

そこで、もし減量の成果が出てくれば勇気百倍!!
きっとその後も
減量を継続して続けることができるはずです。