"不動産会社が貸主代理や、建物の管理を任されているような賃貸物件は、やや審査が厳しくなっています。
個人信用情報機関に問い合わせをしたり、収入証明書の提示が求められたりなどクレジットカードのような審査が行われることもあります。

 

家賃の保証契約等を、大家さんと不動産会社で結んでいるケースがあるので、借りる方の家賃の支払能力に重点を置いています。
支払い能力の無い人や、過去にローンやクレジットなどの遅延をしてしまった経験のある人は審査で落とされてしまう可能性があるのです。

 

一般の大家さんはそれほど厳しく審査をするようなことはありません。
大家さんがOKを出せば、友人同士や外国人の方でも入居をすることが出来るのです。"

ハウスメーカー 営業
http://saiyo.ichijo.co.jp/



審査をパスして賃貸契約ブログ:27-10-2021

(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

減量をする時って、
「お腹がすいた時、食べ物をちゃんと我慢できるだろうか?」
という不安ありませんか?

別に食べたらからといって、
何らかの罰則があるというわけではありませんし、
減量中に食べ物を食べて、
他人から非難されることもありません。

だから、
「食べない」という意思を持ち続けることに
不安を感じるんですよね。

やっぱり
減量の最大の敵は…
「お腹がすくこと」なんでしょうか?

でもね…

お腹がすいた時、
ちょうど何かの作業をしていて、
食べ物を食べられなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、
少し何か食べようとした時には、
それほどお腹がすいていない…

こんな経験をした人って、結構いると思うんですが…

「お腹がすいた」という感覚は、
他に集中して行わなければならないことがあったりすると、
忘れてしまうものなんですよね。

だから、
「お腹が減ったなぁ〜」と感じたら、
何でもいいので、自分の興味のあることに集中してみましょう。
メールをするのもよし、友達と話をしたり…

他のことに集中をしていると
空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

オンラインゲームなど、手を動かすことをしていると、
スナック菓子の袋に手が伸びることも防げますよ!

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

友達とケータイでしゃべっていたら、
このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

減量の最大の敵「空腹感」も、
意外と簡単にやっつけることができるんじゃないでしょうか?

おしまい!!!