"部屋探しで下見は必須となり、室内はもちろん、周辺も細かくチェックして、満足いく部屋を探すようにしましょう。
担当者と車で現地まで行くことがありますが、少しでも疑問に思ったことは積極的に質問をするようにしてください。

 

便利さでは通勤や通学に合わせたチェックが基本となりますので、時刻表などを利用するとわかりやすいでしょう。
さらに夜間に移動をすることも踏まえて、タクシーの台数や治安なども確認しておくと良いでしょう。

 

生活の便利さは人によって様々ありますので、下見でのチェックは自分の生活を考えて実施するようにしてください。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?"



下見は物件探しで最も大切ブログ:01-12-2021

オハヨウですー

今日は休みっ!

仄々しよう♪


1週間前ね、こんな時期だけど会社の人が実家に
帰ることになって、送別会をしたんだけどね。

東北地方の人で、支社に転勤できるようになったのか
よくわからないけど、雪が凄くて母親ひとりだから心配で
同居することになったみたい。

大変だよね、今年の雪。

家が古いから、親が怖がって…とか言っていたけど、子ども
達からすると、銀世界に大喜びかも。

サノレックス飲んで雪かきして、室内でできる
EMSグローブで鍛えて。

ついでにダイエットシェイク コーヒー味のんで、仕事先まで歩こうかな
なんて言っていたけど、同居かーってカンジ。

おいらからすると、親も元気だし、想像もつかないけど、
ふといつかは実家に戻ることになったら…なんて考えてしまった。

今は骨盤体操とか友達と楽しんでいるけど、
ひょっとしたらそんな余裕もなくなるかもー!


5日も美術館に行くけど、同居する気あるか
聞いてみようかなとかふと思ってしまいました。

意外にこれが近い現実だったりすることもあって、考えてみたら
いとこでも同居している子いるけど、それなりにお金には余裕がある
みたいだけど遊んではいないみたい。

おいらは…性格的に無理かもしれないなー。

気ままだから(笑)

うまい棒(バーガー味)が食べたいから〜なんてこと言ってられないし、
曇りのち雨とか天気次第でぐーたらしようなんてできないし。

…13時からゆっくり起きてなんてやってられないね。

おいら、もうちょっと何に対しても、ヤル気出さないといけないかも(笑)